Editor's Report編集部だより

2018.11.19

ホテルディナーは敷居が高い?

クリスマスが近づき、夜になると博多駅周辺がイルミネーションで煌めいています。

今回はそんな博多駅近くのANAクラウンプラザホテル福岡へ。

今年の10月1日より、ホテル1階にあるレストラン「Crowne Cafe」の平日ディナーメニューがリニューアルしたとのことでうかがいました。

総料理長のヴァンソンさんが手がけるディナーのアラカルトメニューには、3つのこだわりが。

・香りが良いこと
・見た目が楽しいこと
・お酒に合うこと

今回はリニューアルしたディナーメニューの中から、シェフが選んだ6品をいただきました。

1品目(前菜)「フォアグラサンドイッチ マンゴーケチャップとノイリーマヨネーズ」(1100円)。
2種類のソースで楽しめるフォアグラのサンドイッチ。マンゴー風味のソースが爽やかで美味しい。
2品目(前菜)「サーモンのビーツマリネとラディッシュサラダ」(1500円)。
美しい盛り付けで、一気にテーブルが華やかになる一品。
3品目(メインディッシュ)「スロークックポーク グリンピースのタルタル添え」(1600円)。 丁寧に火入れされた豚肉は風味も豊かです。
4品目(メインディッシュ)「鴨の胸肉 デーツピューレしいたけのピクルス」(1800円)。 赤ワインと共にぜひ。秋らしい盛り付けも素敵でした。
5品目(メインディッシュ)「鯛 ガランガル風味」(1400円)。 ガランガルとはインドネシアでよく用いられるショウガに似た食材。 生エノキのシャキシャキとした食感も楽しめました。
(メインディッシュ)「ホワイトリゾット 烏賊バニラソテートリュフの香り」(1500円)。 リゾット・イカの旨みとバニラ・トリュフの香りが秀逸な一品。食後も幸せな余韻に浸りました。

※料金はすべて税別です。

それぞれ単品での注文だけでなく、お得なセットメニュー『お好きなお料理3品 3800円』『お好きなお料理4品 4300円』もあり。
前菜・メイン・グリルなど約40種類のメニューの中から好きなメニューを選ぶことが可能です。

それぞれの料理の価格を考えると、セットメニューが断然お得かと。

ちなみにこちらの総料理長のヴァンソンさんは、幼少のころからフランス料理の勉強を始め、フランス、日本、イギリス、クウェートの有名レストランやホテル、某有名フランス菓子店オープン時の料理長を務めたという経歴の持ち主。

この日はチャーミングな笑顔で、料理の解説をしてくれました。

ホテルのディナー=敷居の高いイメージがありますが、気軽に利用できそうです。

ANAクラウンプラザホテル福岡
「Crowne Cafe」
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-3-3 1F
【電話】092(472)7754
【営業時間】17:30~22:00(OS21:00)
【ホームページ】https://www.anacrowneplaza-fukuoka.jp/restaurant/crownecafe_crownecafedinner2018.html