Team soignerチームソワニエ

大人気!東京の鴨料理専門店が博多にやってきた

お店紹介 | 2019.05.20

突然ですが、皆さんは

『鴨料理』って食べますか?


古くは、豊臣秀吉が大阪で鴨の飼育を推奨したという記録があり、
もっと古くは、平安時代から飼育されていたという話もあるそう。

日本人は古くから鴨料理を好んでいたようです。

出汁に溶け込む鴨の味!本当に美味しいんですよね。
鴨料理が好きな方、あんまり鴨って食べないな、という方、
皆さん必見の鴨情報がありますよ。
  


4月GW前、博多駅筑紫口を出て左側の
「オリエンタルホテル福岡 博多駅ステーション」の地下1階に、
東京の鴨すき・鴨しゃぶの大人気店『なかもぐろ』がオープンしました!
中目黒、麻布十番に次ぐ3店舗目は、なんと博多にオープンです!


先日テレビ番組『行列のできる〇〇〇』の中で、
食通で知られる世界の〇〇〇さんが大絶賛していた人気店です。
ちょうど母の日という事もあり妻と母と一緒にお店を訪ねてみました。



「鴨すき・鴨しゃぶ、どちらにしようか!?」


まずこの2択で皆さん必ず迷います。

私もかなり迷いましたが、今回は【鴨すきコース 3,500円】に決めました。


こちら『なかもぐろ』の鴨は、
山形の最上でお店の契約養鴨可が飼育したオリジナルの鴨。
”最上鴨”を使用しているというこだわりがあります。


コースの最初に出てきたのは、カラフルな野菜スティックにトマト味噌のディップ。



パフェデザートにも見える、綺麗な盛り付けです。


そしてこちらも、お洒落な前菜盛り合わせ。



そしてお皿もお洒落な前菜盛り合わせ。
鴨に巻かれたメロン・鴨ベーコンのポテトサラダ・鴨のレバームース最中。
私は特に、レバームースがたまらなく好きでした。


そしていよいよ鴨すきのお肉と野菜が登場です!


おねぎ、ニラ、触感が良いエノキ。これに鴨肉が2種類!


まず鴨の皮の油を焼き、じわーーっと鴨の油が出たところから鴨すきを作り始めます。



そのあいだに、割り下に卵の黄身を軽ーくといて待ちます。
鴨の油の香りがしてくるころには、、、もう待てません!


卵をといた割り下に、少しレアに焼いた鴨肉を付けて口に放り込む!ジュワーッと広がる鴨の味。
次から次へと鴨肉がすすみます。
鴨がねぎしょって、、などというネギも、鴨の油がしみ込んでいて美味しい!
ペロッと食べてしまいました(^^)
 

 
コースはボリュームもあり、満足感に浸っていると、
こちらのオーナーから、こっそり裏技を聞いてしまったのです。


鴨の油が溶け込んだ割り下をかけて食べる

“TKG”(卵かけごはん)が、超絶品!!




鴨の香りと油が溶け込んだ割り下をTKGにかけて。
なんと、なんと!
その上から「これでもか!?」というほど、トリュフを削ってかけてくれます!



鴨油が溶け込んだ割り下をTKGにかけ、その上からトリュフの大量ふりかけ。 
これは必ず食べてほしいと思いました。



今回は夜のコースをご紹介しましたが、
お昼のメニューもございます。



東京から、キターーーーーー!!
鴨すき鴨しゃぶ『なかもぐろ』要チェックです。



【鴨すき鴨しゃぶ なかもぐろ】
ご予約・お問い合わせ:092-433-8950
住所:〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街4-23 オリエンタルホテル福岡 博多ステーションB1F
ランチタイム:11:30~16:00
ディナータイム:16:00~23:30(LO23:00)


あの『TENDREMENT』が熊本で復活!

お店紹介 | 2019.04.26

平成もあと少し・・・
来週からとうとう、令和の時代がやってきますね!


さて、皆さんは『Tendrement(タンドルマン)』という
福岡の茶山にあった超人気のベーカリーショップをご存知ですか?


タンドルマンの渡辺博之オーナーは、2002年、2003年と
2年連続コンクールで大賞を受賞し、鉄人の称号を与えられました。


2012年には、日本代表としてドイツワールドカップミュンヘン「第3回ibaカップ」に出場という
輝かしい職人としての地位も持つ渡辺オーナー。


この度、福岡の茶山から故郷の熊本に戻り、
タンドルマンをオープンさせたとの事で、車を走らせてみました。


九州道熊本方面に走って北熊本スマートインターで降りて約10分。
9時のオープンに間に合うよう、8時50分に到着!


駐車場には既に何台か車が停まっていて、皆さんオープンを待っているようです。
急いで入口に並び、オープンと同時にお店に入りました。


おしゃれな店内はイートインスペースもあり、すぐに満員に!
さすが熊本でも超人気店だ。


僕に気づいた渡辺オーナーは挨拶に出てきてくれました!



「いやぁ、久しぶりですね!こいつ、うちの2代目!」と息子さんと一緒に出迎えてくれました!
「田舎はよかよーーー!(^^)」と満面の笑顔の渡辺オーナー。


久しぶりにタンドルマンのパンにかぶりつきました!




この味!この味!
本当に一味違うタンドルマン。みなさんもGWに行ってみてはいかがでしょう?


一応、営業時間は9時~17時ですが、
商品が無くなり次第お店はクローズになるのでお早目に(^^)



【TENDREMENT(タンドルマン)】
住所:熊本県合志市御代志1675-1
電話:096-327-9535



愛犬とも楽しめる!季節のフルーツ&カフェ『フルトリエ』

お店紹介 | 2019.02.25

何だか最近、暖かくなってきましたね。
街中ではくしゃみをする人が多々見受けられます。
皆さま、花粉症対策はバッチリ出来ていますでしょうか?(^^)


さて今回はソワニエプラスでも紹介されている、
久留米市藤山町にある中村果樹園さんの、
季節のフルーツ&カフェ『フルトリエ』にお邪魔しました!

 


こちら『フルトリエ』は、
梨の栽培が始まって107年目を迎える歴史ある産地です。


「どんな方でもフルーツ狩りを楽しんでいただきたい」との想いから
小さなお子様でも車いすの方でも、ご家族やご友人と一緒に楽しめる施設となっております。


イチゴ狩りでも大人気で観光農園としても有名ですが、
実はカフェスペースも充実してるとか。



広くて開放感があって、お料理も可愛らしい♪


そして今回はなんと、カフェに“ドッグカフェスペース”が併設。


愛犬と一緒にランチできるなんて素敵すぎますね。



最後におっきなパフェを持った、笑顔のステキな定員さんからメッセージ!



皆さんぜひ遊びにきてください(^^)



季節のフルーツ&カフェ「フルトリエ」

Facebookで情報更新中です♪

https://www.facebook.com/fruitelier/

博多の老舗料亭『老松』へ

お店紹介 | 2019.01.16

少しばかり遅れましたが、
皆さま、あけましておめでとうございます。


今年もソワニエプラスをよろしくお願いいたします。



さて、今回は博多の老舗料亭『老松』へ。



以前もこのチームソワニエでご紹介しましたが、
今回、友人のお祝い事で再訪です。



『老松』の創業は昭和2年で、
店名は、清元の名手で芸妓出身である初代女将の源氏名に由来します。


長年博多の料亭文化を支えてきた『老松』ならではの逸品の食事と器、
そして、博多券番芸妓の唄と踊りを堪能してまいりました。



寒平目鉄引き


身が透き通っており、プリプリとした食感が楽しい一品。



宮崎牛ヒレ炭火焼


噛むたびにお肉の旨みが口の中に広がります。



他のお料理もやはり、とても美味しかったです。
味はもちろんですが、見た目も美しいので、
たくさん写真を撮ってしまいました。






お座敷では、博多券番芸妓の皆さんによる唄と舞、
そして三味線。




艶やかで麗しく、1つ1つの所作に華があります。



こうして美味しいお料理をいただきながら、
伝統芸能をじっくり堪能できるって、
なんとも贅沢な時間ですよね。


素敵な非日常を味わうことができました。



ちょっと贅沢したい、特別な日は
ぜひ『老松』で過ごしてみてはいかがでしょうか。



チームソワニエ H.I


地元食材たっぷり!魅惑の朝食バイキング

お店紹介 | 2018.12.06


12月1日(土)「リッチモンドホテル福岡天神」1階に、「Royal Garden Cafe 天神」がオープン!
という事で早速行ってみました!





このホテルの朝食が人気ランキングでも、いつも上位!楽しみです。



この「Royal Garden Cafe」は、ロイヤルグループで外食事業を担うアールアンドケーフードサービス


株式会社が全国に8店舗を展開しているブランドで、福岡市内では大濠公園ボートハウスにおいて「Royal Garden Cafe大濠公園」を運営しているそうです!



今回は面白いコラボで、地元福岡から国内の人気ブランドとなった「久原醤油」、そして「アールエヌティーホテルズ株式会社」「アールアンドケーフードサービス株式会社」が共同開発した朝食が味わえるとの事!

朝食はホテル宿泊のお客様が「久原醤油」のあごだしつゆや醤油、地元食材を使用した和食バイキングが楽しめるそうです。


これらの和食バイキングは、宿泊以外でも2,000円(税込)でいただけるそうですよ♪



その他の時間帯では館内や近隣オフィスで働くビジネスパーソンのデイリーユースや、気軽なティータイム、ディナーのご利用までバラエティ豊かに楽しめるようです! 

   

■リコッタチーズのパンケーキ



■TENJINプレート



天神に出かけたときは1度覗いてみてはいかがでしょう!?


緑に囲まれた古民家で食す"究極の蕎麦"

お店紹介 | 2018.09.27

風の中にも秋の気配を感じる季節となりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。


先日「“究極の蕎麦”が味わえる蕎麦屋が唐津にある」という噂を小耳に挟み、
さっそくその蕎麦を求めて佐賀県唐津市へ足を運びました。


訪れたのは『七山里味庵(ななやまさとみあん)』


 


一見ふつうの古民家のような外装ですが、
ここにいったいどんな蕎麦が待っているのでしょうか。
期待と不安が入り混じります。



趣のある古民家の店内でお茶をすすりながら待っていると・・・



緑が見えるカウンターに運ばれてきた蕎麦・・・と醤油と、岩塩?
とりあえず蕎麦をいただきます。


まずはそのまま。
しっかりとした食感で、鼻から蕎麦の香りがフワッと抜けていきます。


次にこの『特製醤油スプレー』をかけ、辛味だいこんと一緒に。
だいこんのピリッとした辛味が良いアクセントになっています。


次におろし金で岩塩を削って。
先ほどとはまた違った味わいで、蕎麦の旨みが引き立っています。

 


最後はおつゆでいただきました。
どこか安心感のある、そんな蕎麦でした。



いろいろな味わい方ができ、とても楽しめました。
やはり蕎麦の香りが素晴らしかったです。これが“究極の蕎麦”・・・!


田舎の澄んだ空気を肌で感じながら、緑に囲まれた場所での贅沢なお食事。
ゆっくり、ゆっくりと、穏やかな時間が流れていきました。



チームソワニエ H.I



■お店情報■
「七山里美庵」
佐賀県唐津市七山白木414-1
【電話】0955-58-2261
【営業時間】10:00~17:00
【店休日】毎週火曜日

HPはこちら→http://www.satomian.com/


大分中津の日本遺産で最上級の真鱧を愉しむ

お店紹介 | 2018.08.23

名店を巡る一期一会

今回は大分中津の「筑紫亭」にお邪魔しました。

この筑紫亭は日本遺産に指定された玖珠町の『やばけい遊覧 大地に描いた山水絵巻の道をゆく』の

ストーリーを構成する文化財として登録された日本料理店

また、主屋(しゅおく)と離れと塀は2003年に国の有形文化財にも指定されているそうです。



百年の歴史と伝統の味、自然豊かな大分の旬の食材を味わうべく

趣のあるお座敷に案内されました。


小鉢は控えめの内容です。

歴史ある料亭では器を見るのも楽しみの一つですね。


食べた瞬間、思わず声が出そうになった寿司、これが最高でした。

丁寧な仕事が光る鱧のにぎり

骨切りの下処理は大変そうですが、加えて絶妙な塩加減(これは炒り塩ですかね?)

地元大分のカボスが鱧を引き立たせます。


お造りとちょっとピンぼけてしまったけど椀にはクチコ(大きい!)が乗っています

じゅんさいとの組み合わせが良かった椀と続きまして・・・


名物料理が登場しました。

「筑紫亭は、食が生命だと考える。食は、精神や魂を育てると考える。」

という考えを元に作られた料理はとにかく食材を活かして手抜きをすることなく丁寧に料理されています。

そして筑紫亭の最大の魅力「鱧料理」特に鱧しゃぶしゃぶは関西の手法(梅肉醤油)とも異なり

中津の鱧の良さを引き出す柑橘系がほのかに香る優しい醤油味で頂きました。


鱧の骨は感じつつ口に含むとホロリととろけるしゃぶしゃぶは流石に絶品

大好きなお酒もすすみます。


最後のデザートは南蛮風蒸し菓子「巻蒸」(けんちん)

食感も楽しめる不思議なお菓子です。


ういろう?羊羹?とも違う何とも言えない触感とお醤油の香りがありました。

歴史と伝統を感じながら愉しめた筑紫亭、名店でした。


日本料理 筑紫亭

〒871-0038 大分県中津市枝町1692

TEl 0979-22-3441


おまけ・・・?

ちょっと面白い風情がある蚊取り線香、こんな演出も粋ですね。

チームソワニエ H・I

健康で品質のよい香りと奥深い味わいの珈琲でほっと一息

お店紹介 | 2018.08.01

毎日暑い日々が続いています! 本当に猛暑! 皆様お身体ご自愛ください。


先日、久留米の北野町を散策してみました。
趣味の多肉植物の専門店などがあるからです!(^^)
帰り道に、無性に珈琲が飲みたいなぁ、、、、という事で検索してみると1軒、”おっ!これ良いかも!?”という一軒家のカフェが
見つかり立ち寄ってみました。


 


久留米市北野町にたたずむ「Tomomo Coffee」です。自家焙煎珈琲豆屋でもある、可愛いカフェです。
駐車場に車を停めて中に入ってみると、土間仕立てのカフェに小上がりの座敷もあって(^^)エアコンが効いていて涼しー!!!



早速おススメの珈琲を注文してみると僕好みの苦味がきいた珈琲!!



嬉しくなっておかわりしてしまいました。
最近若い人はフルーティー!という言葉で珈琲の味を表現しますが、、、、、あれって酸味ですよね!!?
僕は深煎りの苦味がある珈琲が好きなのでこちらのTomomo Coffeeは好きです!
うちの奥さんはケーキセットも頼んでいました。



ゆーーーっくり出来る空間!  ほっと一息、いや二息くらいゆっくりして珈琲を楽しみました!
久留米北野町近くに行ったら立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?


  




「Tmomo Coffee」
〒830-1113
福県久留米市北野町中659-3
【電話】0942-78-3787
【営業時間】平日 am10:00~pm8:00、土・日・祝 am10:00~pm5:00
【店休日】毎週水曜日


大人の夏グルメを楽しむ

お店紹介 | 2018.07.23

夏の暑さが日増しに厳しくなっている中、皆様、熱中症などにはお気を付けください。


先日、室見川の流れを見ながら食事が楽しめる「日本料理 とり市」に行ってきました。
数寄屋造りの個室は世間の喧騒から隔離された空間で、時が経つのも忘れて季節の料理を楽しめました。
とり市は「白魚のおどりぐい」が有名ですが2~4月がシーズンなので、今回はおあずけです。
もちろん大好きなお酒もたっぷり堪能しました。


前菜は見た目も華やか、よく見ると「とり市」の焼き印がありました
この一皿に込められたハコニワ的な見た目の華やかさが会席料理の楽しみですね。

 


続いて「はもの吸い物」、夏といえば鱧!
丁寧に骨切りされたフワフワの鱧はこの時期だけのお楽しみです

 


料理の合間に宇美町の小林酒造の冷酒をグイっと
冷酒はついつい飲みすぎてしまうので要注意です

 


続いてはイカの活き造りと季節のお料理「おこぜ薄引き」
玄界灘の波にもまれたおこぜを薄引きして特製の橙酢じょうゆでいただきました。

 



 


スタッフの方の素晴らしい接客に、
他にもいろいろとお料理を堪能しながらも、日本酒をグイグイ。
川面をながめながらの非日常でした。


チームソワニエ H.I


博多駅近辺の穴場居酒屋!? 独り呑みにも最適

お店紹介 | 2018.07.20

週末の夜、博多駅近辺で食事しよう!と急にそんなノリになりました。
そこでA級グルメ大食覧会にも出店していた福岡の大人気居酒屋グループの
磯貝しらすくじら、じゃこくじらを調べて予約してみました。
博多駅のバスセンターの近くにある西鉄ホテルCROOM博多1階にある
「アジアン磯貝じゃこくじら」博多店に20時半に入りました。



人気居酒屋磯貝グループのお店です。
こちらのお店は独り呑みや独りひとり飯にも適していて、
カウンターや独り席もあり用途に応じた使い方ができます。

 


先ずは、活が良い鯵のお造りを注文して、(こちらは7月末までアジの活き作りキャンペーン中だそうです!)


大盛りのパクチーいっぱいサラダ!


餃子


シシャモ(^^)


鯛の酒蒸!美味しー!


最後に活造りの鯵の骨さんが揚げ煎餅として出てきました。




博多駅近辺で宴になった時は、この「アジアン磯貝じゃこくじら」穴場だと思います。
急な飲み会にもメニューも豊富で老若男女楽しめそうです。


 


「アジアン磯貝 じゃこくじら」
福岡市博多区博多駅前1丁目17-6 西鉄ホテルクルーム博多1F
■営業時間 月~土 17:00~24:00 日・祝 17:00~23:00
■電話 092-418-2255

https://www.hakata-isogai.net/shirasukujira/ajian