Latest issueソワニエ最新号

温泉宿のスペシャリテ 第一回

温泉宿のスペシャリテ 第一回

20年越しのチーズ豆腐

宿のご主人であり料理人である山田近司さんは、根っからの料理人。朝食の仕込みを始める早朝から夕食の後まで忙しく厨房に立つ。その仕事ぶりからいつしか料理宿として名を馳せている『やまだ屋』の看板料理は、前菜のひとつ「チーズ豆腐」。誕生したのは今から20年も前のことで、もともと牛乳を使った嶺岡豆腐を作っていたが、ある日思い立ってチーズを入れてみたところ、本人いわく「全く美味しくありませんでした」。ところが暫く経ち、再びチャンスが訪れる。頂き物のゴルゴンゾーラチーズを裏ごしして豆腐に加えたところ、これが驚くほど美味しく仕上がったのだ。




続きは本誌で

ソワニエ+ vol.55 2019年5・6月号より