Latest issueソワニエ最新号

大人が愛する店 F-BLOOD × 謎のアジア人 × 久岡家

|連載|

大人が愛する店

藤井フミヤさんと尚之さんによるユニット、〈F-BLOOD〉が3年ぶりに新譜をリリース!
PRに訪れた福岡で、ナジーさんとの再会が実現した。
音楽、食、ラジオと話題は尽きることなく、瞬く間に過ぎ去った3時間。その宴の模様を再録する。

取材・文/葉山巧 撮影/勝村祐紀

|特別編|

F-BLOOD × 謎のアジア人 × 久岡家

僕らのユニットはどんな方向にも行ける。
いつか2人でギターを抱え、全国を回れたら面白いね。

3月某日。ナジーさんの先導で、『隠・台所 久岡家』に今宵の主役が現れた。筆者もデビュー当時から彼らを知る一人だが、あの頃ファンを魅了した〝茶目っ気あるバッドボーイ〞の趣は昔のままで、なぜだかそれが嬉しかった。
1983年にデビューし、現在は兄弟ユニット〈F-BLOOD〉の活動に注力する藤井フミヤさんと尚之さん。久留米市出身という縁から、エフエム福岡との付き合いも長い。「なにしろ30年以上前に僕らが初めてレギュラー番組を貰った局。思い入れは深いですよ」と尚之さんが微笑む。
ナジーさんとの出会いも10年以上前。旧交を温める乾杯が済むと、すぐに音楽談義に花が咲く。

当夜の“ステージ”に選ばれたのは『隠・台所 久岡家』。
春吉で厚い信頼と人気を誇る天然魚介料理主体の店だ。
F-BLOOD(エフブラッド)
1992年のチェッカーズ解散後、各々ソロ活動を続けていた藤井フミヤ&尚之兄弟が、1995年に〈F-BLOOD〉として福岡マリンメッセで一夜限りのジョイントコンサートを開催。1997年より正式なユニット活動がスタートし、これまでシングル3枚、オリジナルアルバム3枚、ライブアルバム1枚を発表。全作品の作詞をフミヤが、作曲を尚之が手がけている。今年4月、4枚目の最新アルバム『Positive』をリリース。

続きは本誌で

ソワニエ+ vol.61 2020年5・6月号より